マッコーリーキャピタルについて
グリーン・エネルギーのグローバルプレーヤー
マッコーリーは世界規模のグリーン経済の成長を支えます

カリフォルニアの蓄電池設備、英国のバイオマス発電、アジアの廃棄物発電、オーストラリアの風力発電、日本の太陽光発電など、マッコーリーキャピタルは世界最大、最先端のグリーンエネルギープロジェクトへの投資、アドバイザリーから開発までのサービスを提供しています。


マッコーリーキャピタルは、独自の社内専門チームを擁し、世界中の再生可能エネルギー開発企業やエネルギー会社から信頼されるパートナーとなっています。


2017年には、マッコーリーキャピタルは、グリーンインベストメントバンクを買収し、欧州最大規模のグリーンエネルギーインフラへの投資に特化した、グリーンインフラストラクチャー投資グループとなりました。この統合を通し、グリーンエネルギーの自己勘定投資、プロジェクト開発・建設、ポートフォリオマネジメント、およびアドバイザリーサービスが強化されました。

風力発電プロジェクト Formosa 1

台湾初の運転中の洋上風力発電プロジェクト。


台湾西岸沖に位置するプロジェクトは2つのステージからなり、洋上風力発電施設としては台湾で最も先進的なものです。


マッコーリーは128MWプロジェクトの持分50%を保有し、第1ステージの建設は完了、第2ステージも2020年までに完了する計画です。


2025年までに3GWの発電規模をめざしています。

日本における太陽光発電資産ポートフォリオ

300MWを超える、開発段階の太陽光発電資産ポートフォリオへの投資実績があります。


東日本大震災後の福島原子力発電所事故や、続く各地の原子力発電所運転停止を受け、政府は再生可能エネルギープロジェクトを後押しするため、電力固定価格買取制度(FIT)を導入しました。


マッコーリーは国内有力パートナーと連携し、300MWを超える開発段階の太陽光発電資産ポートフォリオを構築しました。

マッコーリーキャピタルのケーススタディ
  • Facebook
  • Instagram
  • Linkedin

This information is a general description of the Acacia Renewables only. Before acting on any information, you should consider the appropriateness of it having regard to your particular objectives, financial situation and needs and seek advice. No information set out above constitutes advice, an advertisement, an invitation, a confirmation, an offer or a solicitation, to buy or sell any security or other financial, credit or lending product or to engage in any investment activity, or an offer of any banking or financial service. Some products and/or services mentioned on this website may not be suitable for you and may not be available in all jurisdictions. All securities and financial products or instrument transactions involve risks. Past performance of any product described on this site is not a reliable indication of future performance.

©2017 by Acacia Renewables K.K. All rights reserved.