​陸上風力

陸上風力とは?

風力発電は自然の風を使った自然エネルギー発電です。風を使った発電には、陸上風力と洋上風力の2つがあります。

陸上風力は連続して強い風が吹く陸上に設置されるものです。

どのように発電するのでしょうか?

風車は風力を家庭や工場などの一般的に使われる電気エネルギーに変換することができます。

風車は、ブレード、ナセル、タワー、基礎部分で構成されています。風がブレードを通過するとき、飛行機の翼に見られるのと同じ様に、揚力が発生し、ローターを回転させます。このローターは発電機に接続されており、そこで電気が発生します。風速に応じて、さまざまな種類の風車を使います。

タワーはスチールまたはコンクリート製で、ブレードは繊維強化ポリマー製です。どちらも背景に溶け込みやすいように、明るい灰色になっています。

陸上風力の風車の平均サイズは約2.5-3MW(MW = 100万ワット)で、羽の長さは40-50mです。風車は約3m / sの風速で動作し、12-15m / sで最大出力に達します。25m / sを超える非常に高い風が吹くと、風車は自動的に止まるようになっています。

風車は約70〜85%の電力を生み出します。風速によって発電量が変動します。

ひとつの風力発電プロジェクトでは、適切な維持管理体制の下では、20〜25年間発電が行われます。

利点
  • ゼロ炭素発電

  • 地域雇用機会の創出

  • 低い発電コスト

  • 燃料費の要らない運転

  • 環境影響を限りなくゼロへ

  • 20 - 25年間の発電

弊社の専門知識

私たちの専門知識は、新規プロジェクト開拓と風力発電プロジェクトの開発に生かされています。私たちは、社内で独自に開発したツールを使用して、風力発電に最適なプロジェクトの場所を選択します。新規サイトを開拓する際には、住居、土地、動植物を考慮します。

当社の風力発電所は、環境への影響を最小限に抑え、低価格で低炭素なプロジェクトとなるよう設計されています。

弊社の開発チームは、以下の主要な専門技術、経験を持っています。

  • エンジニアリング - 風力発電所の設計と建設に関する技術

  • 電気技術 - 電気接続とコンプライアンスの経験

  • 調達 - 建設および風車契約の確保の経験

  • 設計技術 - 風力発電所設計、エネルギー収率、風力資源測定の専門家

お問い合せはこちら